慢性の腰の痛みで悩んでいる

慢性的な腰の痛みでお悩みではありませんか?

  • 病院に行っても異常がないと言われた
  • 整体院などに通っているが改善しない
  • 年中、腰が痛い
  • 腰が痛くて何もできない
  • 腰が痛いのが当たり前になっている
  • どうしたら良いのかわからない

腰が痛む原因とは

椎間板(ついかんばん)による痛み

腰の痛みとして広く知られているのが「椎間板ヘルニア」です。
椎間板は腰椎(ようつい)という腰の骨と骨の間にあり、衝撃を吸収するスポンジの役割があります。  この椎間板の変形や損傷などにより、その組織の一部が飛び出すことを「椎間板ヘルニア」と呼んでいます。

「椎間板ヘルニア」の代表的な症状には、腰の痛みの他に脚の痛みや腫れ、ぎっくり腰の併発があります。腰の痛みは人それぞれですが、ちょっとした衝撃で激痛が走るという方が多いです。

欧米の医療機関の研究では、慢性腰痛の大半は機能的な問題(病気ではなく、体のバランスが崩れたことによるもの、等)で、病院が扱う病理的要因(病気として治さないといけないもの)は、腰痛患者の15%程度です。

脚のしびれや動かせない場合は、病院で診察して頂きたいのですが、腰のあたりが痛いのは、腰まわりの筋肉が固くなっていることが原因です。ただし、なぜ筋肉が固くなったかの根本原因は、姿勢の問題、内臓の問題、等があります。

当店では、根本原因を探し、筋骨格系や内臓系に適切に施術していきます。また、人間が本来持つ「力」を高めて戻りにくい体作りをサポートしていきます。

内臓などの消化器官による痛み

あまり知られていないのが内臓などの消化器官による腰の痛みです。
関係ないような気がしますが、実は深い関係性があります。
内臓の後ろに後腹膜(こうふくまく)と呼ばれる膜があります。内臓や胃、肝臓などの臓器に異常があったり機能が弱まると、この後腹膜がダメージを受け、腰の痛みへと繋がるのです。
後腹膜にダメージを受けると吐き気、嘔吐、便秘、腹痛などの症状なども現れます。
当店では、内臓系に問題があった場合、オステオパシーで対応します。内臓系にアプローチして改善するとともに、筋骨格系のバランスも整えて腰痛を改善していきます。

腰に痛みがある時の過ごし方

急性の場合は安静にしましょう

腫れがあり、痛い急性の場合は、まずは安静にしてください。急に動くと腰の痛みが悪化することがありますので、腰がラクだと感じる姿勢をとりましょう。

また、かがむ姿勢や重い物を持つ、運動をすることは控えるようにして過ごしてください。 そして、腰に手を当て熱があるようならば、腰の筋肉が炎症しているかもしれませんので、保冷材などで冷やすようにします。

熱が無いようであれば、入浴などで体を温め血流を良くするようにしてください。血流が良くなることで腰の痛みが和らぐことがあります。痛みがあっても、熱や腫れがなければ、なるべく動かしてください。

急性の場合は安静が必要ですが、その後は動かしたほうが、早く改善します。

しばらく様子を見ても一向に腰の痛みが治まらない場合は、病院または当店にお越しください。