慢性的に膝が痛む

こんなお悩みありませんか?

  • 膝が腫れている・むくんでいる
  • 正座をすると膝に違和感がある
  • 重い物を持ったときに膝が痛む
  • 歩くと膝が痛くなる
  • 階段の上り下りがつらい
  • 立ち上がった瞬間に膝に激痛が走ることがある

知らないうちにかかっている膝への負担

膝にかかる負担は体重の○倍?!

膝にかかる負担は体重の3~4倍と言われています。
例えば体重が50kgの人の場合、3~4倍の150kg~200㎏が両膝にかかっているのです。その人が10㎏太ると更に30㎏~40㎏の負荷が膝にかかります。

このお話をするといかに膝に日頃から負担がかかっているかお分かりいただけると思います。逆を言えば、体重を1kg減らすだけで3kg~4kgの負担を軽減できます。しかし、この負担は太腿や足の筋力の低下でさらに増えるので注意が必要です。

左右で異なる膝の負担

左右で膝の痛みが異なる方はいませんか?
この場合、膝の位置がズレている可能性があります。

体の歪みは体のあらゆるところと繋がっており、複数の症状が同時に出ることがあります。ちょっとした体の歪みから膝の位置が左右でズレていくと、片方の膝にかかる膝の負担は増えます。

こうしたことが積み重なり、膝の痛みが左右で異なって出てきたり、悪化したりするのです。

当店では体全体をみて、痛い膝のみを改善するのではなく、バランスを崩している原因を探し、適切に改善していきます。

膝の痛みを和らげる方法

太腿(ふともも)を中心とした筋力をつける

膝に激痛が走るなどの場合は安静にするのはもちろんですが、安静にしたままでは何も変わりません。
膝の痛みは太腿や足の筋力不足による負荷の増大によるものでもありますので、膝に負担をかけない程度に太腿や足の筋肉の強化をする必要があります。

具体的な方法としては、水中での歩行訓練や椅子を使用した簡単な足の曲げ伸ばし運動、入浴後のストレッチなどです。すぐに始められることから徐々に取り組んでみてください。

体重が平均より重い方は、ダイエットをするのも有効です。また、体の歪みを正し、膝に本来かかる負担にしてあげることも痛みを和らげる方法の一つです。
痛みが続くときは無理をせず、当店をご利用ください。